様々な植毛の方法の違いについて

薄毛の改善方法として、注目されてるものに植毛手術があります。
植毛手術を受けることができるクリニックは、増えている傾向にあり、採用されている手術方法にも違いがあることから、自分が受けたいものがどれか事前に確認しておくことをおすすめします。植毛には人工毛を使うものと、自毛を使うものがありますが、人工毛の場合には抜けてしまうと2度と生えてこないことや、異物のために拒絶反応が起きてしまうことがある点が問題点として考えられます。

自毛植毛であれば、元々自分の髪の毛を移植する方法ですので、抜けた場合であっても再び生えてきますし、拒絶反応のリスクを心配しなくても済みます。



薄毛で多いタイプとしては、男性型脱毛症であるAGAがありますが、側頭部や後頭部の髪の毛についてはAGAでは抜けにくい部分として知られています。残っている髪の毛をドナーとして採取して、薄毛が目立つ部分に移植していくことになります。

日本のクリニックで受けられる自毛植毛の種類は、いくつかのものに分けることが可能で、FUT法やFUE法があります。

M3Qのサイトが登場しました。

FUT法は後頭部にメスを入れることで、髪の毛の束状のものを採取して植えていく方法となります。

FUE法では後頭部にメスは入れずに、間引きするようにドナー株の採取を行って移植します。

FUT法であれば髪の毛の束ごと採取しますので、大量のドナーを採ることが可能となり、多くの移植をしたい場合に適しています。

植毛情報の理解したいならこちらのサイトです。

FUE法は広範囲でのドナーの採取が難しくなることから、少量の移植をしたい人向けの手術方法となります。